救急外来の甘くない実状

救急外来は、突如として患者が運ばれてくる現場です。医療スタッフはしっかり休憩・仮眠を取れるとは限らず、日常的に患者に合わせて動く形になります。一人ひとりが搬送されてくるわけではなく、何人もまとまって搬送されてくることもあるため、時間を読んで動くことは難しいでしょう。

そんな中、処置と処置の間で事務作業や片付け、準備もしなくてはならず、一息つけるタイミングはそうありません。常に動き回っていることもあり、肉体的疲労が蓄積しやすい環境となっています。同時に、たくさんの症状を見る必要があるため、多くの知識を身につけなければなりません。日々の業務が多く残業も多い環境で、幅広い知識を学んでいくのは大変なことです。人生をかけて本気で人の命を救うという覚悟がなければ、働き続けることは厳しいでしょう。

救急外来は、精神的にも肉体的にもプレッシャーやストレスを感じやすい大変な現場です。しかしその一方で、人を救う最前線で医療に関わることができ、誰かの命を救えたと実感しやすいやりがいある仕事でもあります。看護師としてのスキルを最大限に発揮し、誰かを救いたいという強い思いがある方にとっては、まさに天職といえるでしょう。

そんな思いがあり、救急外来で長く働き続けたいのであれば、こまめに疲労・ストレスの解消をしていくことが不可欠です。職場では、動きやすく足が疲れにくい靴を履き、短い休憩時間でもリラックスできるように心がけましょう。休日では、仕事のことを考えずしっかり休息を取れる環境を作ることが大事です。人はずっと家にいると悶々としがちなため、積極的に外やリラクゼーション施設に出向き、心身のケアに力を入れましょう。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ